香恋の里しもやまの「クラフトマン」

kopisu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 05日

生命力

やっと、工房脇の「畑もどき」の場所に、ジャガイモの芽が出てきました。ここは放牧跡地で、礫がゴロゴロしているところを掘り返したので、小石がまだいっぱい。土もカチカチです。
じつは、秋に植えたものの、芽が出たのが遅すぎて、霜にやられてしまったものを、春先に掘り返して3月下旬に植え直したものです。
あんな柔らかい芽が、固い土に裂け目をつくり、小石を持ち上げて、大きくなる。「命」の素晴しさが、実感されます。
これは、赤いアンデス種の種芋の芽で、男爵等と異なり濃い緑の葉が出てきます。
a0085535_23561340.jpg

[PR]

by craft-kopisu | 2007-05-05 23:54


<< 清田(せいだ)の大楠      つつじと潮干狩り >>