香恋の里しもやまの「クラフトマン」

kopisu.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 03日

CMの音楽

テレビを見ていて、最近気になった音楽は、ひとつは、黒い背景に爆笑問題がでてくる、転職情報サイト「en」のCMのものです。
http://employment.en-japan.com/html/pr/cm/
荘厳なオルガンのフォルテではじまり、コントラバスとチェロの強奏の音階からビオラと1stバイオリン、そして2ndバイオリンと続きます。フランスの作曲家サンサースの交響曲第3番の第2楽章第2部マエストーソの冒頭。いかにも劇的ですが、ここは、譜面ではフォルテ一つです。人生の一つの決断を迫る場面にはそれなりの雰囲気を醸し出しています。

一方、意外な印象をもったのが、富士重工のスバルのIMPREZA(インプレッサ)に新たに加わった、WRX STIという一番のスポーティーモデルのCMの音楽です。
http://www.subaru.jp/impreza/wrx_sti/jump.html
弦楽合奏による流麗な音楽にのって「車の走り」が目に入ってきます。
イタリアの作曲家レスピーギの「リュートのための古代舞曲とアリア」第3組曲の第1曲「イタリアーナ」(を少しアレンジしたもの)、16-17世紀のイタリアの作曲家たちのリュートの曲を編曲し集めたもののひとつです。
このCMは「凛」というコンセプトのようですが、308馬力でマニュアル6速のWRX STIという車に対する「走りや的走り」のイメージに対して、「軽やかさ」と「上品さ」のあるクラシックな弦楽による舞曲は、マッチングが絶妙なCMになっていて、気に入っています。
[PR]

by craft-kopisu | 2007-11-03 19:49 | 音楽